ブログ収入のヒント:WordPressでアドセンスをシンプルに管理する

admane

ワードプレスのブログにアドセンス広告を貼って収入を得る場合に利用した方がいいプラグイン、AdSense Managerの導入方法について説明していきます。

このショートコードのプラグインを利用するとアドセンスを簡単に管理することができます。アドセンスのデザインを変更したいときなどコードを編集する場合に一括でできるので非常に便利です。

1. プラグインを導入する

①プラグイン> ②新規追加> ③プラグインの検索 : AdSense Manager を検索。
下記のとおり、AdSense Manager が見つかったら、「いますぐインストール」をクリックし、「本当にこのプラグインをインストールしますか?」でOKし、インストール開始します。インストールされたら、プラグインの有効化します。

adManage

インストール済みプラグインの一覧にAdSense Managerがあることを確認できたら導入完了です!

 

2. アドセンス広告コードをショートコードに登録する

次にアドセンス広告コードをショートコードに登録していきます。
投稿 > Ad Units をクリックしてください。

adManage2

ボックスの中にアドセンスコードを貼ります(下記画像参照)。この時にスポンサードリンクの文字もいれておきます。(※スポンサーリンクの表記は任意なのでなくてもOKです。)

<center>
アドセンス広告コード
</center>

→広告コード、広告ユニットの設定の仕方はこちら。

コードを貼ったらImport

adManage3

Importをクリックすると、Basic画面へ。

adManage4

基本設定の画面が表示されます。

  • Ad Units Name:シンプルで短めの英数字で設定する。
  • Display Options:すべてYesを選択。

入力し終わったらSave Changesで設定を保存。これでショートコードの登録完了です。

 

3. ショートコードを使ってみる

では、実際にショートコードを記事に貼っていきます。

adManage5

Save Changesで保存したら、上記のように管理画面が表示され、ショートコードをテンプレートと記事用それぞれで使用する場合のコードの説明があります。

  • テンプレートにショートコードを利用する場合:①<?php adsensem_ad(‘name’); ?>
  • 記事に利用する場合:②[ad#name]

nameに登録したものを入力します。
【例】上記のようにデフォルトのまま登録したので、Nameはco-1

adManage6

※記事中のショートコードはプラグインAddQuicktagで、ワンクリックで挿入できます。→AddQuicktagの使い方

    mailmagatouroku

    コメントを残す

    ブログ収入のやり方をメルマガにてプレゼント中!登録はこちらをクリック!