パーマリンクのSEO&ユーザビリティ効果のある設定方法は?

pl

 

ブログ記事を書くときに必要なパーマリンク。デフォルトだと、タイトルがそのまま反映されてしまうので、編集する必要があります。今回は、パーマリンクの意味と役割SEO上、効果的な設定の仕方について理解を深めていってほしいと思います。

1. パーマリンクとは?

そもそもパーマリンクとは何か、というところから簡単に説明していきます。

パーマリンクとは、Permanent(永久、不変)+Link(URL)のパーマネントリンクの略語です。記事ページひとつひとつに割り当てられたURLで、一度設定したらそのドメインページが存在する限り変更されることはありません。

また、一度設定した後に故意で変更すると、検索エンジン上では別ページとして認識されてしまいます。

すると、検索エンジン上では変更されたURLが反映されるわけではないので、これまでのURLがそのまま残り、「ページが見つかりません」というエラーが起きたり、重複コンテンツと見なされ、いずれにしろSEO的にマイナス評価となります。

パーマリンクは記事を一度公開したら、絶対に変更しないようにしましょう。

 

2. パーマリンクの役割

パーマリンクはユーザビリティとしての役割があります。
わかりやすいパーマリンクを設定すると、URLを見ただけでどんな記事か想像しやすくなります。

例えば、

① http://himariko.com/?p-123

② http://himariko.com/word-press-setting

上記2つを比べてみると、①はどんな記事なのか内容を見ないとわかりずらいです。一方、②のURLなら、ワードプレスの設定について説明された記事だな、ということがわかります。

リンクを貼るときなどURL単体で使用するときに、①よりも②の方がわかりやすいでしょうし、間違えて別の記事ページURLを貼ってしまうこともなくなるでしょう。

 

3. パーマリンクの効果的な設定の仕方!日本語はOK?

ワードプレスのSEO効果をアップさせる6つの設定の6つめ、パーマリンク設定としてカスタム構造を%postname%-%post_id%に設定しました。

記事ページだとこんな感じです。

  • http://○○○.com/%postname%-%post_id%

%postname%(=記事タイトル、記事の名前)は、記事投稿時に編集可能です。%post_id%は、末尾に自動的に数字が振り分けられます。

編集せずに行うと、記事タイトルがそのまま反映されます。パーマリンクに日本語を含んでしまうと、%%%%・・とやたらと長くなってしまい、尚且つ非常にわかりずらいURLになってしまいます。

そこで、以下のように英語、ローマ字を使って設定していきます。

例:http://himariko.com/word-press-setting-#、http://himariko.com/wp-settei-#

※1~3,4語程度にし、単語の間は詰めるよりかはハイフンで繋いだ方がわかりやすいです。

 

他に、カテゴリを含むパーマリンク設定方法(http://○○○.com/カテゴリー名/記事タイトル)もよく推進されていますが、こちらはあまりオススメできません。

というのも、カテゴリ―をURLに含んでしまうと、後にカテゴリーを変更したい、となったときURLも変更されてしまうからです。先にお伝えした通り、パーマリンクの変更は厳禁なので、後々のカテゴリー変更も難しくなってしまいます。そういった面もあり、記事タイトルのみで設定した方が無難です。

まとめると、

  • カスタム構造は%postname%-%post_id%(http://○○○.com/%postname%-%post_id%)
  • %postname%は、英語ローマ字表記で簡潔にまとめる

以上のことを意識してパーマリンクを決めていってください。

    mailmagatouroku

    コメントを残す

    ブログ収入のやり方をメルマガにてプレゼント中!登録はこちらをクリック!