SIRIUS(シリウス)×エックスサーバーでサイトを作る方法!

siri

 

HTMLサイトを簡単に作れるSIRIUS(シリウス)をエックスサーバーを使ってアップロードする方法をご紹介!

ワードプレスに慣れていたので、シリウスは難しい!という印象がありましたが、使い方に慣れてしまえば、簡単に記事更新もできるので便利でした!

1.(準備)レンタルサーバー、独自ドメインを取得&ネームサーバー設定

まずは、エックスサーバーに契約はもちろんのこと、独自ドメインの取得を行っていきます。

→エックスサーバーに自己アフィリしてお得に契約
→お名前.comで独自ドメイン取得&ネームサーバーの変更

エックスサーバーのネームサーバーは以下のとおりです。

ns1.xserver.jp
ns2.xserver.jp
ns3.xserver.jp
ns4.xserver.jp
ns5.xserver.jp

2. エックスサーバーにて独自ドメインを登録

ネームサーバーの変更が完了したら、エックスサーバーに独自ドメインを登録します。

エックスサーバーに独自ドメインを登録

 

ドメインやサーバーに登録したばかりですと、以下のとおりに表示され、反映まで時間がかかります。

設定の反映待ちか、存在しないアドレスです。
しばらく時間を置いてから、再度アクセスをお試しください。

20分後に再度アクセスしてみたら、反映されていました。この画面がでていればOKです。

domei1

 

3. SIRIUS(シリウス)にてFTPの設定を行う

続いて、シリウスにてFTP設定をします。

①エックスサーバーのFTP情報を確認。

エックスサーバーを契約したときのメール「サーバーアカウント設定完了のお知らせ」にFTPの情報が記載されています。

※メールアカウント内にて「xserver ホスト 」や、「エックスサーバー FTP」と検索すると見つけやすいです。
メールタイトルは以下のとおり。

mai2

 

▼サーバーアカウント情報の、

  1. FTPホスト
  2. FTPユーザー
  3. FTPパスワード

以上の3つが必要になります。

mai1

 

 

②SIRIUSの設定

新規サイト作成を行っておきます。→シリウスで新規サイト作成する

作成が完了されたら、サイトオプションを開きます。

si1

 

FTP設定を開き、エックスサーバーのFTP設定内容を見ながら入力(コピペ)し、OKをクリック。

si2

 

FTPホスト名、ユーザ名、パスワードはメールに記載されているもの。
アップロード先フォルダは、「/○○○.com/public_html
※http:/は必要ありません。
※必ずドメインの後に/public_htmlを付け加えること。

 

これで、記事を投稿して行く前の設定は完了です。

    ブログランキングに参加中です★よかったらぽちっとお願いいたしますm(_)m
    ↓ ↓ ↓
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    mailmagatouroku

    2 Responses to “SIRIUS(シリウス)×エックスサーバーでサイトを作る方法!”

    1. スプーン より:

      こんにちは。
      エックスサーバーいいですね。
      私も使ってます。
      また遊びにきます。

      • ひまりこ より:

        スプーンさん、こんにちは!
        また是非!お待ちしてます♪

    スプーン にコメントする

    ブログ収入のやり方をメルマガにてプレゼント中!登録はこちらをクリック!