キャッシュとは?W3TotalCacheでサイト高速化!使い方と必須設定!


 

せっかく訪問されたのにすぐに閉じられてしまう。。原因のひとつに「サイトが重い」ことがあげられます。

今は大半を占めているスマホユーザーはページが表示されるまでに数秒かかるともう待ってくれません。あなたも経験があるかと思いますが、サクサク見れないともうイラッとしてしまいますよね。

その不快感を少しでも減らす、サイト表示を速くさせるプラグインW3 Total Cacheの設定方法をお伝えしていきます。 各キャッシュをコントロールすることでより高速化させてくれる優れものです。

  1. キャッシュって何?
  2. W3 Total Cacheの全体設定
  3. W3 Total Cacheの各種設定
  4. キャッシュをリセットする(既に記事を公開しているときのみ)

以上の流れで行っていきます。

1.キャッシュって何?

キャッシュは、一度訪れたページや、使用した言葉を記録してくれます。具体的な働きとして

  • 一度訪れたページを記憶し、二度目以降に訪れたときに素早く表示させられる
  • よく使う言葉や、直前に使用した言葉を記憶してくれるので簡単にタイプできる

と、効率的でより使いやすくしてくれます。が、記録したキャッシュが多く溜まってくるとパンクしてきますので、時に削除したりと整理する必要があります。それをW3 Total Cacheで行ってくれます。

 

2.W3 Total Cacheの全体設定をする!

Performance>General Settings よりW3 Total cacheの全体の設定画面を開きます。

w31

 

General

チェックなしか確認。(デフォルトのチェックなし状態でOK)

w32

 

Page Cache

Page cache→Enableにチェック!

w33

 

Minify:ソース最適化

Minify:Enableにチェックなしか確認。(ソース最適化はHead Cleanerを使用するため必要なし。)

w34

 

Database Cache:投稿時の最適化

デフォルトではチェックなしなので、Enableにチェック。

w35

 

Object Cache:phpをキャッシュ

デフォルトではなし状態なのでEnableにチェック。

w36

 

 

Browser Cache:ユーザーのブラウザにキャッシュさせる設定

w37

 

スキップ:設定不要

  • CDN
  • Reverse Proxy
  • Monitoring
  • Licensing

 

Miscellaneous

一番上(Enable Google page….)のチェックを外す。

w38

 

Debug

設定不要

 

これで全体の設定が終わりましたので、引き続き、Enable(有効化)した項目の設定を行っていきます。

 

3.W3 Total Cacheの各種設定する!

Page Cacheの設定

General デフォルトのままでOKです。

w39

 

Cache Preload デフォルトのままでOK。

w310

 

Purge Policy:Page Chache

Specify the feed types to purge: rss2(default)のチェックを外す。

w311

 

Database Cache とObject Cacheの設定

デフォルトのままでOK!

w312

 

w313

 

Browser Cacheの設定

5項目にチェックされているか確認しましょう。

  • Set Last-Modified header(デフォルトでチェック済)
  • Set expires header (チェックする!)
  • Set cache control header (チェックする!)
  • Set tntity tag(eTag) (チェックする!)
  • Enable HTTP(gzip) compression (デフォルトでチェック済)

w314

以上で各種設定完了です!

 

4. キャッシュのリセットをする

設定し終えると、以下のようにメッセージがいくつか表示されます。一番上は特に必要ないので非表示にしておきます。
Empty the page cacheをクリックして一度キャッシュのリセットを行っておきます。

w315

 

以下の場合、キャッシュのリセットを行っていきます。

  • 公開記事を編集した場合
  • デザインを変更した場合
  • 新しいプログラムを追加した場合

※キャッシュが残っていると、変更したり新たに追加したものが反映されるまで時間がかかってしまいますので削除しておきましょう。

キャッシュのリセット方法

Performance>Dashboad >empty all caches をクリック!
「All caches successfully emptied.」と表示されれば無事にキャッシュのリセット完了!

w316

 

お疲れ様でした!

 

    mailmagatouroku

    コメントを残す

    ブログ収入のやり方をメルマガにてプレゼント中!登録はこちらをクリック!