家がほしいけどお金がない!ブログの方が立派な資産になる理由

homes

夢のマイホーム。結婚したときや子供を授かったら思ってしまう、家購入。でも、現実的に今の収入だけでは家のローンを組んでやりくりしていけるかどうか不安だったり、そもそも頭金が払える余裕があるのか。と心配はつきものです。それに実際家を持つことがどれだけお金がかかるのものなのか。数字でみると愕然とします。それでも家がほしい。

  • 家がほしい理由とは?
  • ローンを組んで家を購入するとどうなる?
  • 家よりブログの方が資産化できる理由

家は資産ではない。

まず、家がほしい理由からあげていきます。

賃貸マンションではダメなのか、というと毎月毎月払っているものの、やっぱり自分のものにならないから、というところですよね。あくまで借りているものなのでいずれ手放さなくてはなりません。また、他人が住んでいた部屋なら尚更不便さ不快さが増してしまうときもあります。

それに家を持っていることはひとつのステータスにもなっています。なので自分の家がある、ということは自信や誇りへと繋がります。これまで一生懸命働いてきた証、そして家族のいるこの家をこれから守っていきたいという気持ちは仕事をする意欲にもなります。

でも、実際に家を購入するとしたらキャッシュで一括払いするより何十年というローンを組む場合が多いです。ローンを組んだら当然、月々の返済が待っています。ローンを組む、ということは借金をして家を買うことですから。しかもローンを組むとなると金利がかかってきます。

住宅ローンで3000万円借りたら、金利も含めた総額では4000万円ほど返済することになるので、1000万円多く支払うという事になります。

※ 借入3000万円、返済期間30年、ローン金利2%=支払い総額39,918,769円(諸費用別)

もちろん、持ち家になったら、それ相当の固定資産税も毎年払っていかなければなりません。また、家はローンを支払っている30年の間に恐らく一回か二回、水回りのリフォームが必要になります。お風呂も30年間そのまま使える訳ではありません、キッチンもトイレもそうです。一軒家でしたら、キッチンの床も外壁にも問題が出て来ます。

とあるリフォーム・アドバイザーに聞くと、最近は、そういったリフォームに1200万円くらい掛ける方が多いという事です。

(引用元:http://manetatsu.com/2013/11/25552/)

と、さらに20年、30年とローンを払い終えたら次に待っているのは毎年かかる固定資産税、そして水回りなどの家の修繕費。ローン支払い中も支払完了後もとにかく請求書の嵐。ローンを組んで借金をして、無理して家という人生最大の買い物を思い切ってする必要があるのか、そこまでして価値のあるものなのでしょうか。

家を持ったら

家を持ったらもったで相当お金がかかります。夢のマイホーム。自分たちの生活の基盤でもある家。安らぎの場のはずが、その実態といえば経済的な心配、将来への不安の大元となってしまうケースが多いです。

これはなぜか、というと家は資産ではないからです。

資産って何?

では、資産とは一体何か、というと、資産とはお金を産み出すものです。家は売ったらそれ相当のお金になります。ですが、家を所有しているだけでは収入にはなりません。同様に高級な家具や絵なども売ったときにお金になりますが、飾っておくだけでは文字通りただの飾り。銀行口座の残高は増えません。

資産としていえるものは株、債権、不動産など、所有していたら収入が発生します。収入として立派に成り立っています。

ただ、いきなり株や不動産を持て、と言われても知識もない、資金もない人にとっては危険です。素人が気軽に買えるものではありません。それなりに知識を得る必要があるのでハードルが高いです。

こういった資産の持つことはいずれ考えたらいいです。が、今できること、今すぐできる資産作りはないのか、というとあります。ネットビジネスは資産作りにもってこいです。インターネットが普及している現代だからこそ個人でもできる資産作りです。

ブログは資産のひとつ。

ただの日記ブログも時には資産になりえます。資産は収入を産みだすものですよね。ブログ収入がそれにあたります。もしブログで毎月数十万の収入が得られるようになったら立派な資産です。

家がほしい、と思っているならまず資産を増やしていくことから始めませんか?

    mailmagatouroku

    コメントを残す

    ブログ収入のやり方をメルマガにてプレゼント中!登録はこちらをクリック!