文章を書くときの悩みまとめ!と効率的に書く方法!

write

 

今回は、いざ記事を書こう!と意気込んだはいいものの、なかなか思うように進めない、というジレンマを抱えてしまうものをまとめました。というか、私が陥っていたことでもあります^^;

書くのに時間がかかる

ブログを始めた頃はもう、なんといっても書くのに時間がかかりました。1記事書き上げるのに最低3時間以上、もしくは1日がかりのペースでした。

でも、それでもいいんです。そうして愛情こめて(?)一記事入魂スタイルで書いた記事っていうのは末永く読まれます。また、慣れもあるので最初はスピードばかり追い求めずに、質にこだわっていきましょう。良質な情報提供を心がけて丁寧に書いていってください。

 

書くのが苦手

私は文章を書くのがすーごく苦手でした。日本語で論文とか書いたことなかったので文法とかめっちゃくちゃ。そして、すごく最初は苦しかったです。

頭にあることを上手く整理して文章に表せない。

そのもどかしさ。

でも、これもやっぱり慣れです。慣れてくると自分の中で、書き方パターンのようなものができてきます。

また、思っていることと書く、という行為を繋げるトレーニングをするといいです。日頃から書く練習をすることですね。こうしたかしこまった記事に書く必要はなく、自分だけの日記(プライベートのブログなどもOK)が取り掛かりやすいと思います。

思っていることを文章にまとめていきましょう。最初は少しづつ書いていけばいいです。段々とペースをつかんで早くスラスラと書けるようになりますから。

 

何を書いたらいいのかわからない

何を書いたらいいのかわからないときって本当にわからないんです。文字数見てみると300文字とか、少なすぎる。。けどもう詰まった。。書くことが思いつかない!そういう時ありました。

記事に書くことは最初のリサーチの段階で大体決めておきます。見出しを3つぐらい作っておいて、各段落ごとに300文字ぐらい、+冒頭とまとめを書いていけば全体で1000文字は軽く超えます。

見出しをつけて段落を区切っておくと、1000文字書かなくちゃ!っていうプレッシャーから解放されて、気持ちが楽になりますし、書きやすくなるのでおすすめです。

 

補足:効率的に書く方法

効率的に書くために、リサーチの段階である程度書くことを決めておきます。見出しを作って、その段落ごとに何を書くのかを大体イメージしておいて準備した後、一気に書く。

また、このときに誰に向けて書いているのかを明確にしておきましょう。読者さんが何を求めているのかがわかると、どんな情報を届けるべきなのかがはっきりするのでスムーズに進められます。

 

まとめ

文章は書くのに慣れていないから苦手、というケースが多いです。そういう時はまずは簡単な文章から進めていきましょう。自分の思っていることを文章で表現し、共感をしてもらったり、何かしら反応をいただけるとすごく嬉しいです。少しずつ慣らして鍛えていきましょう。

LINE@開設しました☆
定期的に無料相談会を開催していきます。

「本当にブログで稼げるの?」
「初心者の私でもブログできる?」
「ブログでなかなかアクセス伸びません><」

など、個別でお答えいたします。

開催はLINEにてお知らせしますので
友達登録しておいてください☆彡

友達登録はこちらから☆

mailmagatouroku

コメントを残す

ブログ収入のやり方をメルマガにてプレゼント中!登録はこちらをクリック!