ワードプレスを自動バックアップするプラグインBackWPupの使い方

wpbackwp

以前にワードプレスのデータをエックスサーバーのMySQLからバックアップ保存する方法をご紹介しました。簡単ではあるけど手動なのでちょっと面倒だな、という方向けに開発されたであろう、自動でバックアップしてくれるプラグインがありました!是非導入して大切なデータを守りましょう!

まず最初にサーバー上にある画像やテーマ、プラグインなどのバックアップから設定していきます。次に記事やコメント、管理画面の設定のあるデータベース上のデータのバックアップを行います。

サーバー上とデーターベース上の2種類を一気にバックアップすることもできるのですが、あえて分けてするのには理由があります。サーバー上の画像やテーマ、プラグインは容量が大きいのでやりすぎるとサーバーに負荷がかかってしまうからです。

一方のデータベース上のデータにはブログの中で一番大切なもの=記事(コンテンツ)が含まれているのと、圧縮すれば容量もそんなに大きくならないので、こちらは頻繁にバックアップしていきます。

BackWPupをインストール&有効化する。

プラグイン>新規追加>BackWPupを検索>いますぐインストール

back1

 

インストールしたら、プラグインを有効化します。

buwp2

 

BackWPupの設定~サーバーファイル偏~

インストール&有効化したら、新規ジョブを追加をクリックします。

buwp3

 

一般設定。

ジョブ名

  • このジョブの名前:わかりやすい名前をつけます。
  • このジョブは:ファイルのバックアップのみチェック。

バックアップファイルの作成

  • アーカイブ名:デフォルトのままでOKです。
  • アーカイブ形式:環境に合わせた形式を選びます。WindowsユーザーはZip、MacユーザーはTarGZipがおすすめです。

back2

 

ジョブの伝送先

  • バックアップファイルの保存方法:フォルダにバックアップ

ログファイル

  • メールアドレスとタイトル:デフォルトのままでOK
  • エラー:「ジョブの実行中にエラーが発生した場合にのみログをメールで送信」にチェックがあるか確認。
    バックアップする度にメールがほしい場合はチェックを外します。

back3

すべて変更したら、変更を保存。

 

スケジュール設定

スケジュールをクリックし、設定画面を開きます。

  • ジョブの開始方法:WordPressのcron (=自動でバックアップ)を選択します。
  • スケジューラー:週一回、アクセスが少ない時間帯(深夜がおすすめ)を選択します。

back4

変更を保存し、次へ進みます。

 

ファイルの設定

すべてデフォルトのままでOK。

 

宛先:フォルダ設定

  • バックアップを格納するフォルダ:ファイルのバックアップだとわかるような名前にしておくといいです。
    /home/○○/○○.com/public_html/wp-content/uploads/backwpup-○○××-backups/

    /home/○○/○○.com/public_html/wp-content/uploads/backup-file/
  • ファイルを削除:過去3か月分(12週分)のみ残しいてく設定をします。週1ペースでのバックアップですので12回分。

back5

 

変更を保存。これですべて設定完了ですので、保存した後に表示される、今すぐ実行をクリックします。

back6

 

バックアップがスタートします。これでサーバー上のデータのバックアップの完了です。

back7

 

BackWPupの設定~データベース偏~

続いてデータベース上にあるデータのバックアップ設定です。サーバーファイルのバックアップと設定の流れは基本同じです。

新規ジョブ追加をクリック。

一般設定

ジョブ名

  • このジョブの名前:データベースのバックアップだとわかる名前にする。

ジョブタスク

  • このジョブは..:データベースのバックアップインストール済みプラグインを選択。

バックアップファイルの作成

  • アーカイブ形式:環境に合わせた形式を選択。

back8

 

ジョブの伝送先

  • バックアップファイルの保存方法:フォルダにバックアップ

ログファイル

  • メールアドレスとタイトル:デフォルトのままでOK
  • エラー:「ジョブの実行中にエラーが発生した場合にのみログをメールで送信」にチェックがあるか確認。
    バックアップする度にメールがほしい場合はチェックを外します。

back3

 

スケジュール設定

スケジュールをクリックし、設定画面を開きます。

  • ジョブの開始方法:WordPressのcron (=自動でバックアップ)を選択。
  • スケジューラー:毎日、アクセスが少ない時間帯(深夜がおすすめ)を選択します。

 

back9

変更を保存します。

 

DBバックアップ設定

  • バックアップするテーブル:すべてチェックするか確認。
  • バックアップファイル名:デフォルトのままでOKです。
  • バックアップファイルの圧縮:GZip圧縮を選択します。

back10

プラグイン設定

デフォルトのままでOK。

宛先:フォルダ設定

  • バックアップを格納するフォルダ:データベースのバックアップだとわかるような名前にしておくといいです。
    /home/○○/○○.com/public_html/wp-content/uploads/backwpup-○○××-backups/

    /home/○○/○○.com/public_html/wp-content/uploads/backup-database/
  • ファイルを削除:過去1か月分(30日分)~のみ残しいてく設定をします。毎日行うバックアップですので30回分。(2か月=60日分、3か月=90日分でもOKです。

back11

変更を保存し、今すぐを実行をクリック。
サーバーの時同様にログが表示されます。以上でデータベースのバックアップ自動設定の完了です。

 

 

    mailmagatouroku

    コメントを残す

    ブログ収入のやり方をメルマガにてプレゼント中!登録はこちらをクリック!